洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
はじめに
TOPへ

 
 
 
 
 
洋館とは
ハッサム邸(兵庫・神戸市)

 明確な定義はないようですが、江戸時代末期から昭和初期(戦前)までに建てられた建物のうち、欧米の影響を受けた構造や外観を持った建物、というのが一般的なようです。
 長崎や横浜などの外国人居留地に、外国人の邸宅として建てられたのが始まりのようで、その後は文明開化の象徴として、明治維新に伴って設立された役所・学校・銀行を中心に各地に広がっていきました。 また海外の文化に敏感だった華族・富豪の邸宅などにも、初めは賓客の応接用として、後に住居用として建てられました。
ハッサム邸
(兵庫・神戸市)
 
 
大工・建築家
岩手銀行中の橋支店(岩手・盛岡市)
 当初は和建築の大工が伝統工法を用いながら、見様見真似で洋風に造った擬洋風でしたが、後に外国人建築家や宣教師建築家などから指導を受けた大工が、棟梁として本格構造の洋風建築を建てるようになりました。
 また明治12年には、御雇外国人建築家・J.コンドルによる講義を受けた建築家が誕生し、中央官庁などの設計を手がけるようになりました。 その第一期生の一人が、東京駅などを手がけた辰野金吾です。
岩手銀行中の橋支店
(岩手・盛岡市)
 
洋館の構造
開智学校(長野・松本市)
 東京駅に代表されるようなレンガ造りと、札幌時計台に代表されるような木造建築、そして現在に通じる鉄筋コンクリート造りに大別されます。
 木造の多くは、下見板という板張りの外壁ですが、一部は蔵造りのような漆喰壁もあります。 一方レンガ造りに見えても実は木組み(木骨)にレンガをはめ込んであったり、木造の漆喰壁に見えてもレンガを漆喰で塗り固めてあったり、といろいろなパターンが見られます。 また関東大震災以降は、耐震性の問題からレンガ造りから鉄筋コンクリート造りに移行しました。
開智学校
(長野・松本市)
 
洋館の保存
御殿浄水場(香川・高松市)
 当時の意気込みを感じさせる重厚な雰囲気と、今となっては懐かしいレトロな雰囲気を併せ持つこれらの建物は、地震や火災、戦災などを免れても、老朽化を理由に取壊されたものも少なくありません。
 一方でその歴史的価値が認められて文化財指定を受け、博物館や資料館などへの転用を中心に、修復・保存される建物も増えつつあります。  札幌・小樽・函館など北海道の大都市や、横浜・神戸・長崎などの開港地は特に有名ですが、意外な街に立派な建物が残っていたりします。
御殿浄水場
(香川・高松市)
 
洋館探訪
今村天主堂(福岡・大刀洗町)
 私はもともと旅行好きで、旅先では寺社仏閣やお城など古建築を中心に、よく建物を見ていました。 しかし洋館を本格的に見始めたのはこのHPを作り始める少し前からで、秋田勤務のときに東北各地を見て回っていると、意外と多く残っていたからでした。
 以後は主従が逆転し、左写真の今村天主堂に感動して、同じ棟梁が建てた教会が多く残る長崎・五島列島まで行ってしまいました。 洗練され(過ぎ)たヨーロッパの古建築ではなくて、大工さんががんばって造った感じが伝わってくる日本の洋館が好きなんです。
 しかしその実、私は機械屋なので建築に関しては全くの素人です。 各建物に添えたコメントに、誤った内容もあるかと思いますがご容赦ください。
今村天主堂
(福岡・大刀洗町)
 
このHPの見方
 
1. このHP内の主要なページへは、各ページ最下部のナビゲーションバーからリンクしています。
2. MENUページには、すべてのページのナビゲーションバーからワンクリックで戻れます。
3. MENUページからは、詳細ページ以外のほとんどのページへ、ワンクリックでジャンプします。
4. MENUページの地方別からは、各地方一覧を経て各洋館の写真やコメントにリンクしています。
5. MENUページの都道府県別からは、各洋館の写真やコメントに直接ジャンプします。
6. 各地方一覧または各都道府県一覧から、他地方の一覧へリンクしています。
7. TOPページへは、MENUページや地方別一覧ページ最上部の、建物の絵をクリックしてください。
8. 各地方別一覧表の「詳」列で、「」は詳細写真があることを表わします。
」をクリックすると、1件1件の詳細ページ(ブログ)にジャンプします。
※詳細写真ページは、写真サーバーのサービス休止もあり、ブログで再構築中です。
9. 各都道府県別のページの解説文末にある【詳細Blog】をクリックすると、詳細ページにジャンプします。
 
MENUページへ

 
 
 

北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸  関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間