洋館探訪
(Western Style Old Architectures)

 洋館とは、明治から昭和初期までに建てられた建物のうち、欧米の影響を受けた構造や外観を持ったもので、明治維新に伴って設立された役所・学校・銀行や、海外の文化に敏感だった富豪の邸宅などに多く見られます。 当時の意気込みを感じさせる重厚な雰囲気と、今となっては懐かしいレトロな雰囲気を併せ持つこれらの建物も、徐々に姿を消しつつあります。 一方でその歴史的価値が認められ、重要文化財等の文化財指定を受けて、修復・保存される建物も増えつつあります。
 この「洋館探訪」は、私が見て回った日本全国の洋館を紹介するホームページです。
2017年 8月 1日 更新
開智学校(長野・松本市) 三井本館(東京・中央区) 別府市中央公民館(大分・別府市) 東華菜館(京都・下京区) 今村天主堂(福岡・大刀洗町)
はじめに MENU 更新履歴 洋館書店 ブログ

このHPはNetscapeComposer4.7でベースを作成し、Opera(Win),Firefox(Mac)で動作確認しています。 またInternetExproler等で表示されないなどの不具合がありましたら、ブログでお知らせ下さい。 「洋館探訪」各コンテンツの文章・画像・データ類は、管理人に許可なく複製・使用等をしないでください。






旅行口コミ情報