洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
東京2(港区・品川区)
TOPへ

 
東京都の現在までの公開件数 20件(うち10件

 首都東京には多くの洋館が建てられたはずですが、震災や戦災、高度成長期の建て替えなどで、ずいぶん少なくなってきました。 それでも官庁や財閥系企業の本支店・迎賓館として、素晴らしいものが残っています。

平成14年11月、15年4月、16年3月、23年10月 見学・撮影

 
朝香宮邸 東京都庭園美術館
旧・朝香宮邸
港区 白金台 昭和8年建築
鉄筋コンクリート 2階建て  
外観はシンプルな鉄筋コンクリート造の旧宮家の邸宅。 反面館内は、フランス人建築家アンリ・ラパンにデザインを依頼して、施主が訪欧中に感銘を受けたアールデコ調に仕上げられています。 玄関のガラスモチーフから応接室のエッチング模様などなど、ありとあらゆるところに手が掛けられています。 美術品の展示を主としていますが、毎年ある期間は建物をメインとして公開されるほどです。 現在は改装工事のため休館中。 HP
 
渡辺甚吉邸 白金甚夢迎賓館
旧・渡辺甚吉邸
港区 白金台 昭和9年建築
木造/タイル 2階建て  
山小屋のような手斧削り仕上げのチューダー様式の個人住宅。 ドアノブや灯具のスイッチ盤はオリジナルで、考現学者の今和次郎がデザインしたもの。 岐阜の実業家・渡辺甚吉氏が、大学卒業後に建築家の遠藤健三氏を伴って訪欧し、イングランドで見たチューダー様式に強い影響を受けて帰国して新築した邸宅で、スリランカ大使館として使われた後、現在はハウスウエディング会場として使われています。 【詳細Blog】 HP
 
安藤記念教会 日本キリスト教団安藤記念教会
 ―
港区 元麻布 大正6年建築
レンガ/レンガ 平屋建て  
<都歴史的建造物>
全面をツタで覆われた石造りの教会。 禁酒運動の祖であった安藤太郎氏が私財を投じて、吉武長一の設計で建てられました。 正面に大きなステンドグラスがはめ込まれており、中から見上げてみたいものです。 HP
 
島津忠重邸 清泉女子大学本館
旧・島津忠重邸
品川区 東五反田 大正6年建築
レンガ/石貼り 2階建て  
日本建築界の祖ともいうべきJ.コンドル作の、本格洋館住宅。 1階が応接スペース、2階が居住スペースとして使われていたようです。 庭園に面した南側は、平板になりがちなベランダを湾曲させることで、柔らかい表情を持たせています。 現在でも校舎として使われているのは驚き。 HP
 
岩崎家高輪別邸 三菱開東閣
旧・岩崎家高輪別邸
品川区 御殿山 明治42年建築
レンガ/石貼り 2階建て  
上と同じくJ.コンドルの作ですが、ベランダは各柱を立てた堅い雰囲気。 戦災により内部は焼失し、外観だけが当時をしのばせます。 稀に見学会はあるようですが、基本的には三菱グループ役職者の専用施設のようです。
 
竹田宮邸 グランドプリンスホテル高輪貴賓館
旧・竹田宮邸
品川区 高輪 明治44年建築
レンガ/タイル 2階建て  
左右に張り出しがあるバルコニー付の邸宅。 モザイクタイル敷きの玄関ホールから入ると、階段室の踊り場には海に浮かぶ帆船のステンドグラス。 2階の御座所と御学問所、御寝室は、ベルサイユ宮殿等をイメージさせるバロック調の天井や壁の装飾で、さすが元宮家のお屋敷と唸らされます。 日本人建築家一期生の一人で、皇室建築家の片山東熊の設計。 現在はグランドプリンスホテル高輪の結婚式等会場として使われています。 HP
 
高輪教会 日本基督教団高輪教会
 ―
品川区 高輪 昭和8年建築
木造/モルタル 平屋建て  
五角形の正面形状にその窓配置、玄関回りや屋根上の造形は、F.L.ライト設計の自由学園明日館を思い起こさせますが、ライトの影響を受けた岡見健彦の設計。 入口を入ってすぐ左、図書室は正面の縦長窓が並ぶ部分の下部にあたり、控えめに色ガラスがはめ込まれています。 礼拝堂は船底天井にトップライトが開いており、可動式のベンチ(建築当時の造作)が並んでいます。 HP
 
旧高輪消防署 高輪消防署二本榎出張所
旧・高輪消防署
品川区 高輪 昭和8年建築
鉄筋コンクリート 2階建て  
望楼を備えた角地の消防署。 昭和59年の新消防署建築に伴って出張所となりました。 円筒形の望楼が特徴で、それを支える3階の円形講堂は、梁が放射状に渡されています。 事前に連絡しておけば内部を案内してくれて、ハシゴのような階段で望楼まで昇れることもあるようです。 HP
 
竹内医院 竹内医院
 ―
品川区 南品川 明治45年建築
木造/下見板 2階建て  
青物横丁駅そば商店街となっている旧東海道に建つ、下見板張りの現役病院。 ベージュ色に塗られた下見板に、茶色く塗られた窓枠や柱などが映えています。 また玄関上には、植物をモチーフにしたステンドグラスがはめこまれています。 受診されたことのある方によると、待合室など内部もいい雰囲気を保っているとのことです。
 
千葉常五郎邸 ミュージアム1999ロアラブッシュ
旧・千葉常五郎邸
渋谷区 渋谷 大正7年建築
鉄筋? 2階建て  
堅牢なアーチ状の車寄せを備えた邸宅で、男爵千葉家の子息結婚に当たり建てられました。 車寄せに連なる円筒状の塔屋は螺旋階段。 屋根裏に部屋を設けて一部が3階建てになっており、開放的な1階とは対照的な隠れ家的空間になっていました。 現在は披露宴も行うレストランとバー、会員制クラブとして営業しています。 HP
 

 
 
 
 
東京1 東京2 東京3
(準備中)
東京4
(準備中)
東京都下
(準備中)
横浜1 横浜2
(準備中)
横浜3
(準備中)
神奈川県
(準備中)
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間