洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
神奈川県1(横浜関内)
TOPへ

 
神奈川県の現在までの公開件数 8件

 開港地横浜の関内地区は、行政と貿易の要として多くの洋館が建てられたはずですが、関東大震災で大部分が倒壊し、多くは震災後の建築です。 しかし開港記念館と旧横浜正金銀行は、重厚な姿を今でも見ることができます。
 実はこの「洋館探訪」は、灯台下暗しだったのですが、ようやく重い腰を上げ始めました。

平成15年1月 見学・撮影

 
横浜市開港記念会館 横浜市開港記念会館 旧・開港記念横浜会館
中区 本町 大正6年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
辰野金吾風のレンガと花崗岩を使った公会堂で、通称ジャックの塔。 所々に配されたステンドグラスは、「開港」をイメージさせるデザイン。 開港50周年(明治42年)の記念事業として、公開競技設計で福田重義案が採用されました。 内部は資料館ではなく、ホールや集会所になっています。 【詳細Blog】
神奈川県庁本庁舎 神奈川県庁本庁舎  ―
中区 日本大通 昭和3年建築 鉄筋/タイル 5階建て
<登録文化財>
戦前の庁舎に多く見られた、スクラッチタイル貼りの帝冠様式(和風の塔や屋根を冠した様式)で、通称キングの塔。 関東大震災で倒壊した先代の代わりに、競技設計で設計されました。 1階部分は石貼りで、基礎がしっかりしているような印象を与えます。
 
イギリス領事館 横浜開港資料館旧館 旧・イギリス領事館
中区 日本大通 昭和6年建築 鉄筋コンクリート 3階建て
県庁の正面に建つ旧領事館。 海に面した方が正面で、2本のコリント式列柱に挟まれて階段を昇っていく入口が、威圧感を与えます。 胴蛇腹で仕切られた上の3階には、所々に装飾が施された丸窓が配され、アクセントになっています。
 
横浜正金銀行本店 神奈川県立歴史博物館 旧・横浜正金銀行本店
中区 南仲通 明治37年建築 レンガ/石貼り 3階建て
<重要文化財>
角部に大きな銅板葺きのドームを戴く、石貼りの銀行建築。 海外金融を取り扱う横浜正金銀行(旧東京銀行の前身)の本店として、妻木頼黄の設計で建てられました。 建物中央部は博物館(有料)になっていますが、1階周回部は無料で入れます。 玄関を入った天井の、大きなステンドグラスは圧巻。
 
横浜郵船ビル 日本郵船横浜支店ビル  ―
中区 海岸通 昭和11年建築 鉄筋コンクリート 3階建て
列柱が16本50m以上も続く圧巻の正面は、高さこそないものの、三井本館や明治生命館に次ぐ規模ではないでしょうか。 柱頭はコリント式。 ただし右側面は円柱ではなく、控え壁風の角柱が連なっています。 現在は日本郵船歴史資料館として、入館することができます。
 
安田銀行横浜支店 BankART1929馬車道 旧・安田銀行横浜支店
中区 本町 昭和4年建築 鉄筋コンクリート 2階建て
一見したところ粗石積みの古い建物にも見えますが、戦前の銀行建築に多い列柱で正面を飾った鉄筋造り。 粗石風の角部の他にも、列柱間2階窓の尖塔アーチや軒蛇腹など、シンプルながら凝っています。 富士銀行馬車道支店として使われた後、2004年から横浜市の芸術文化事業として活用され始めました。
 
住友銀行横浜支店 三井住友銀行横浜支店 旧・三井銀行横浜支店
中区 本町 昭和6年建築 鉄筋コンクリート 2階建て
正面を列柱で飾る、戦前の銀行建築の典型。 イオニア(渦巻き)式柱頭の列柱は、正面の4本の中央と、右側面2本の中央に入口を設け、真正面からは左右対称になっています。 1階窓上の胴回りには、ラーメン器のような渦巻き状の装飾が囲んでいます。 休みだったので入っていませんが、内部は吹き抜けのままのようです。
 
横浜銀行集会所 横浜銀行協会 旧・横浜銀行集会所
中区 本町 昭和11年建築 鉄筋コンクリート 4階建て
縦長の窓を並べてその間を突出させることで、正面に列柱分の表情を持たせています。 正面車寄せが1本柱であるのが、珍しいというか奇抜です。 違和感がある4階部分は、戦後増築されたもの。 横浜銀行の所有ではなく、横浜に本支店を置く銀行の集会所です。

 
 
 
 
東京1 東京2 東京3
(準備中)
東京4
(準備中)
東京都下
(準備中)
横浜1 横浜2
(準備中)
横浜3
(準備中)
神奈川県
(準備中)
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間