洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
北海道函館1(元町)
TOPへ

 
北海道の現在までの公開件数 30件(うち9件

 函館は、長崎・横浜と並んで開国後最初に開かれた港で、その港から坂を登った元町近辺には洋館が多く建てられました。 特にこの元町公園近辺(基坂の坂上)には、官公庁関係や領事館の建物が残っています。 

平成13年4月 見学・撮影

 
函館区公会堂 旧・函館区公会堂  ―
函館市 元町 明治43年建築 木造/下見板 2階建て
<重要文化財>
北海道にしては珍しいバルコニー付きの洋館で、バルコニーからは函館湾が一望できます。 函館市の社交場としてや、皇族の宿泊・休憩としても使われ、貴賓室もあります。 豪商・相馬哲平(と市民)の寄付、小西朝次郎の設計、棟梁・村木甚三郎によって建てられた公会堂。 HP
 
函館区公会堂附属棟 旧・函館市公会堂附属棟  ―
函館市 元町 明治43年建築 木造/下見板 平屋建て
<重要文化財>
公会堂と同じ様式で建てられた附属棟で、半円形の屋根窓が特徴的。 外観とは異なって、内部は土間や和室など和風の部屋構成。 和風と洋風の風呂があり、青く塗られた格子状の凹んだ天井が珍しいです。
 
旧北海道庁函館支所 函館市写真歴史館 旧・北海道庁函館支庁
函館市 元町 明治42年建築 木造/下見板 2階建て
<道有形文化財>
装飾柱頭がある6本の長い列柱を備えた軒の中に、小さなベランダがあるのが珍しいです。 正面列柱上と建物左右の三角破風は漆喰仕上げで、コテ絵が描かれています。 2階は写真歴史館になっていて有料ですが、1階は観光案内所なので無料で入れます。 HP
 
旧開拓使函館支庁書籍庫 旧・開拓使函館支庁書籍庫  ―
函館市 元町 明治13年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
<道有形文化財>
上の支庁舎に隣接して建てられている書庫。 (逆光だったため)この角度からだと窓がないように見えますが、対の二面には鉄の戸が付いた窓があります。 全面レンガの外観に白い隅石がいいアクセントになっています。 使われているレンガは現在の上磯町にあった官営工場で作られたものです。
 
イギリス領事館 函館市旧イギリス領事館 旧・イギリス領事館
函館市 元町 大正2年建築 レンガ/モルタル 2階建て
白い壁に青い窓枠が目に鮮やかなこの建物は、見た目からは意外なレンガ積み。 建物基部が城郭の石垣のような石積みで、手が込んでいます。 上の4棟が建つ元町公園から基坂を少し下ったところにあり、売店と喫茶室には入館料なしで入れます。 HP
 
函館ハリストス正教会復活聖堂 函館ハリストス正教会復活聖堂  ―
函館市 元町 大正5年建築 レンガ/漆喰壁 平屋建て
<重要文化財>
外観は白く木造漆喰壁に見えますが、レンガ積みにセメント・モルタル塗りをして、白漆喰で仕上げています。 本堂屋根上の5本の十字架付きタマネギ状キューポラが特徴的で、日本では唯一とか。設計はハリストス正教会ではよく見る河村伊蔵。 手前入口上にある尖塔は7つの鐘がある鐘楼となっていて、鳴らされる鐘音は日本の音百景に選ばれ、ガンガン寺とも呼ばれています。 HP
 
遺愛幼稚園 遺愛幼稚園  ―
函館市 元町 大正2年建築 木造/下見板 2階建て
ハリストス正教会の隣、遺愛学院の創設当初の場所に建つ、淡いピンクと白の組合せの幼稚園。 1階窓枠下の×が目を惹きます。 玄関の軒にガラスの面が立っていて、正面からでなく左右の4段の階段を通って出入りする様式が珍しいです。 HP
 
元町カトリック教会聖堂 元町カトリック教会聖堂  ―
函館市 元町 大正13年建築 レンガ/モルタル 平屋建て
左側の円窓を持つ建物は明治42年に建てられた聖堂で、大正10年に外壁を残して類焼し、再建時に右側の鐘楼が増築されました。 聖堂内部は青い天井に星が輝いています。
 
ロシア領事館 旧・ロシア領事館  ―
函館市 船見町 明治41年建築 レンガ/レンガ 2階建て
赤レンガと白漆喰の窓回り、青い屋根のコントラストが印象的。 右奥には函館港を見下ろすサンルームもありますが、平成8年以降閉鎖され建物はずいぶん痛んでいます。 実際は元町ではなく、幸坂を登った船見町にあります。
元町の洋館
末広町・大町の洋館はこちら
レンガ倉庫はこちら
民家等はこちら

 
 
札幌市(準備中) 小樽市(準備中) 旭川市(準備中) 函館市 その他(未探訪)
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間