洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
佐賀県(Saga Pref.)
TOPへ

 
佐賀県の現在までの公開件数 10件

 私が大好きなレンガ建築の設計者である、日本の近代洋風建築の大御所・辰野金吾氏は、実は唐津出身だったと、唐津市歴史民俗資料館の資料で初めて知りました(読んだことはあったかもしれないけど、初めて意識した)。 また工部大学校造家学科(現在の東京大学工学部建築学科の前身)の同じ第1期卒業生(4人のみ)であった曽禰達蔵(そね たつぞう)氏も唐津の出身でした。 
 

 平成13年8月、16年3月、22年11月 見学・撮影

 
鍋島報效会徴古館(佐賀・佐賀市) 鍋島報效会徴古館  ―
佐賀市 松原 昭和2年建築 鉄筋/モルタル 2階建て
<登録文化財>
元藩主鍋島家の資料館。 正面に半円形の大きなポーチを持つのが特徴で、2階部もポーチに合わせて窓部がせり出しています。 全面モルタル塗りですが、灰色と薄茶色に塗り分けることで、石造りの頑強なイメージを持たせながら、単調ではない彩りを与えています。 また緑錆銅板の扉が、宝物殿をイメージさせます。
 
古賀銀行本店(佐賀・佐賀市) 佐賀市歴史民俗館 旧・古賀銀行本店
佐賀市 柳町 大正5年建築 木造/タイル貼り 2階建て
明治39年に佐賀銀行本店として土蔵造りで建てられ(現在も背面部に残る)、大正5年に古賀銀行と改称するにあたり、現在のようなタイル貼り洋館風に大改修されました。 商工会議所等として使われた後、大修復を受けて平成9年から歴史民俗館として使用。 内外装とも古い部材はほとんど見られませんが、大きな吹き抜けは銀行営業室そのもの。 地元の大工・舟木右馬之助の建築。 HP
 
薮内写真館(佐賀・佐賀市) 薮内写真館  ―
佐賀市 松原 明治45年建築 木造/下見板 2階建て
正面中央に2階まで伸びるポーチを持つ商店。 タイル貼りの正面下部やポーチの柱や、側面や背面は後の改修の痕跡が見られますが、両開きの窓枠やポーチの三角破風などは元のイメージを留めています。 
 
旧三菱合資会社唐津支店 唐津市歴史民俗資料館  旧・三菱合資会社唐津支店
唐津市 海岸通 明治41年建築 木造/下見板 2階建て
<県重要文化財>
正面からはトンガリ屋根とてっぺんの風見鶏が目を惹くぐらいですが、実は海に面した反対側は1・2階ともバルコニーの開放的な様式。 当時三菱の建築顧問だった地元出身・曽禰達蔵の監修で、三菱の丸の内建築事務所が設計。
 
旧佐賀銀行唐津支店 旧唐津銀行 旧・唐津銀行本店
唐津市 本町 明治45年建築 木造・組積造 2階建て
<登録文化財>
辰野金吾風と思ったら、辰野金吾監修のもとで教え子・田中実が設計。 正面は3連アーチ部を除いて、石造り風に仕上げていますが、小ぶりの尖塔を頂く隅部は煉瓦で締めています。 木造とレンガ積みの構造の折衷とのこと。 佐賀銀行唐津支店として使われた後、市に寄贈されて観光協会が入り、公開されているようです。 辰野金吾の常設パネル展もあるとか。
 
古湯共同浴場 旧・古湯共同浴場  ―
嬉野町 建築年? 木造/下見板 3階建て
傾斜のキツい屋根が山小屋風の公衆温泉。 裏から撮った写真であとから気付いたのですが、入口上部のトンガリ屋根の後ろには、塔屋があるようです。 休憩室や宿泊設備をもった規模の大きな施設だったようですが、残念ながら老朽化のため現在閉鎖中。
 
有田異人館 有田異人館  ―
有田町 幸平 明治9年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<県文化財>
白漆喰より少しベージュがかった漆喰壁に、アーチ窓の黒い窓枠という、コントラストのある組合せ。 バルコニーの支柱はありますが、屋根庇の支柱がないのでスッキリした印象。 幕末期有田焼を独占輸出していた田代門左衛門の外国人宿泊・接待施設。 非公開。
 
深川製磁本店展示館 深川製磁本店展示館  ―
有田町 幸平 昭和10年建築 鉄筋/タイル? 3階建て
異人館の向かいに建つ、有田焼の製造元直売店。 入口は建物の角に設けられ、その頂部には富士山のモチーフ。 全面タイル貼りの外壁の中で、1階と2階の窓回りの一部はモルタルのままで、いいアクセントになっています。
 
武雄温泉新館 武雄温泉新館  ―
武雄市 武雄町大字武雄 大正4年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<重要文化財>
1階は脱衣所や浴場、2階が休憩室になっている、辰野金吾設計の温泉建築。 赤緑白の塗り分けや鐘楼型窓は寺社建築というか竜宮城風ですが、両翼が張り出した左右対称構造は明治期の役所建築のようでもあります。 浴槽は、この建物の背後に続いている八角形の付属棟にあります。 【詳細Blog】
 
武雄温泉楼門 武雄温泉楼門  ―
武雄市 武雄町大字武雄 大正4年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<重要文化財>
源泉毎に複数の浴場を持つ武雄温泉の敷地入口に建つ楼門で、新館と同様に辰野金吾の設計。 当時のリゾート施設として、非日常を演出する竜宮城風に仕上げられています。 門通路部分の天井は格天井となっており、通路右側は2階への階段が備わり、また創建当初からかは不明ながら左側は飲食店スペースとして営業しています。

 
 
福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間