洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
長崎県1(長崎市内)

 
長崎県の現在までの公開件数 38件(うち9件

 江戸時代に唯一の貿易港・出島があった長崎は、開国後も交易が盛んで、グラバー氏他の貿易商が洋館を広めていきました。 

 平成6年3月、13年8月、14年9月 見学・撮影

 
旧香港上海銀行長崎支店 旧香港上海銀行長崎支店記念館 旧香港上海銀行長崎支店
長崎市 松ヶ枝町 明治38年建築 レンガ/石張り 3階建て
<重要文化財>
アーチが並ぶ1階部分に、列柱が並ぶ2・3階部分を載せたような、レンガ造りに石を貼った構造。 さらに上には大きな三角破風を戴いています。 2・3階を貫く列柱の奥にはバルコニーが設けられ、海を見晴らすことができます。
 
旧長崎英国領事館 長崎市野口彌太郎記念美術館 旧長崎英国領事館
長崎市 大浦町 明治41年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
レンガのアーチに白い要石を配したバルコニー(1階部)や細い支柱など、下関の英国領事館と似た様式。 永久保存することを条件に、長崎市が英国大使館から購入して公開していますが、2度も振られて内部は見ていません。
 
旧長崎税関分室 長崎市べっ甲資料館 旧長崎税関下り松派出所
長崎市 松ヶ枝町 明治31年建築 レンガ/漆喰壁 平屋建て
<重要文化財>
漆喰壁の蔵風の造りですが、丸い屋根窓を戴くレンガ造りの建物。 腰部はレンガを露出させています。 税関らしい大きな扉の上には、凝った装飾の大きな半円窓。 現存する明治時代の税関建築として貴重な存在とのことで、平成13年前後に改修を受けてきれいになりました。
 
旧出島神学校 出島資料館 旧出島神学校
長崎市 出島町 明治10年建築 木造/下見板 2階建て
表裏にベランダ(外廊下?)を持つ中央部と、高い塔屋がそびえアーチ窓の開いた左翼部(写真手前)、比較的シンプルな右翼部(写真右奥)と、三様の集合体。 HP
 
旧長崎内外倶楽部 旧内外クラブ記念館 旧長崎内外倶楽部
長崎市 出島町 明治36年建築 木造/下見板 2階建て
南向きにオープンバルコニーを持つ開港当初のスタイルの洋館。 建物左右に2本ずつ煙突が突き出していますが、1階から立ち上る排煙筒が外壁にも現われています。 窓のヨロイ戸は引き戸のようです。 HP
 
長崎教区大司教館 長崎教区大司教館  ―
長崎市 南山手町 大正4年建築 レンガ/レンガ 3階建て
大浦天主堂の入口右側に建つ付属施設。 私財を投じたド・ロ神父が自ら設計し、鉄川与助が施工しました。 1・2階は青みがかったグレーの柱が並ぶ外廊下が続き、3階は屋根下の明かり取りがある屋根裏部屋のような印象。 現在も使われており、非公開。
 
羅典神学校 大浦天主堂キリシタン資料館 旧羅典神学校
長崎市 南山手町 明治8年建築 木骨レンガ/漆喰壁 2階建て
<重要文化財>
細い支柱が続くベランダが南を向いています。 木造漆喰壁のように見えて、レンガを漆喰で塗り固めた壁をもつ木骨構造。 床下に覗く基礎にも、レンガが使われていました。 大司教館と同じくド・ロ神父の設計。
 
大浦天主堂 大浦天主堂  ―
長崎市 南山手町 元治元年建築 レンガ/漆喰壁 三廊式/コウモリ
<国宝>
洋館の中で日本に現存する最も古い(1864年)建物で、国宝指定はここと迎賓館のみ。 ヒューレ神父の設計により最初の姿が造られましたが、11年後の明治8年に大改修を受けて現在のゴシック様式の姿に至っています。 今ではいかにも教会という威容を誇る大浦天主堂も、創建当初の写真を本で見ると、なまこ壁の珍妙な建物でした。 平成13年前後に改修され、ずいぶんきれいになりました。
 
中町教会 中町教会  ―
長崎市 中町 昭和26年建築 レンガ/漆喰壁? 単廊式/天井?
集落ごとのこじんまりした五島の教会とは対照的な巨大な内部空間は、また別の荘厳さを感じさせます。 元々は明治29年建築の建物で、原爆によって尖塔と外壁を除いて焼失しましたが、残った躯体を活かして昭和26年に復元されました。 駅から近いキリシタン大名・大村氏の屋敷跡。
長崎市内の洋館
長崎県北部の洋館はこちら
平戸の教会はこちら
上五島の教会はこちら
下五島の教会はこちら

 
福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間