洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
熊本県1(Kumamoto Pref.)
TOPへ

 
熊本県の現在までの公開件数 15件(うち件)

 熊本は九州の大藩の城下町の名残か、歴史を感じさせる重厚な建物が多く建てられ、現在もその一部が残っています。 

 平成6年3月、13年8月、21年6月 見学・撮影

 
熊本地方裁判所本館 熊本地方裁判所資料館 旧熊本地方裁判所本館
熊本市 京町 明治41年建築 レンガ/レンガ 2階建て
レンガに白い石で装飾した3連アーチ の1階部に、似たデザインのアーチ窓の2階を載せた統一感ある造形。 屋根上の装飾も凝っています。 元々は両翼を持った幅広の建物だったようですが、中央部だけが資料館として保存されています。 ハンセン病の原告勝訴判決で映し出されて、思わず建物に目がいってしまいました。
 
旧第一銀行熊本支店 ピーエス株式会社 旧第一銀行熊本支店
熊本市 唐人町 大正8年建築 鉄筋/タイル貼り 2階建て
<登録文化財>
見えない奥を除いて、3隅に塔屋を持つ角地の建物。 基部と軒部には白い石の大型タイル、アーチ窓の回りには茶タイルを貼って、コントラストを出して います。 道路に面した出入口や、塔屋2階の窓下などに装飾もあります。 熊本中央信用金庫を経て、現在はオフィスビルのようです。
 
旧住友銀行熊本支店 三井住友銀行熊本支店 旧住友銀行熊本支店
熊本市 細工町 昭和9年建築 鉄筋コンクリート 2階建て?
路面電車の通る通りを向いた正面に4本の列柱が並び、二面に3連のアーチが配されているのが大きな特徴で、基本的には平滑な外壁。 しかし細部に目を凝らすと、軒の装飾や下部の欄干など、細部もきちんと造り込まれています。
 
長崎次郎書店 長崎次郎書店  ―
熊本市 新町 大正13年建築 木造/タイル貼り 2階建て
<登録文化財>
2階に5連アーチのある、蔵造り風の商店建築。 「長崎次郎」と屋号の入った、大きなウダツが左側に立っているのが特徴。 旧第一銀行から熊本地裁へ行く途中で見かけた建物で、気になって戻って見たら登録文化財でし た。
 
熊本洋学校教師館 熊本洋学校教師館 旧ジェーンズ邸
熊本市 水前寺公園 明治4年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<県重要文化財>
アメリカ西部開拓風の建物は、外人教師を招くべく、長崎から大工を呼んで建てられました。 長崎グラバー園のドックハウスと様式が似て、3面にバルコニーを配した開放的な構造。 鎧戸付きの窓の上には、アーチでない四角い窓も付いています。
 
手取教会 手取教会  ―
熊本市 上通町 昭和3年建築 鉄筋コンクリート 三廊式/折上天井
石造りを模して薄いグレーに塗られた教会堂。 列柱により心廊と側廊が仕切られた三廊式で、折上天井にはピンク色のスズランのモチーフがあしらわれており、華やかな印象です。
 
旧宇土郡役所 九州海技学院 旧宇土郡役所
三角町 三角浦瀬戸 明治35年建築 木造/横羽目板? 平屋建て
熊本の外港として造られた、三角西港に置かれていた宇土郡の郡役所。 屋根窓がたくさん配置されているのが特徴。 築港当時の小規模都市計画がそのまま残っている珍しい集落です。
 
大江天主堂 大江カトリック教会 大江天主堂
天草市 天草町大江 昭和7年建築 鉄筋コンクリート 三廊式/折上天井
正面中央の出入口上に鐘楼を戴き、なで肩状に左右に側廊が設けられた三廊式で、シンプルな外観は平戸の紐差教会に似ています。 側面の窓は小さなアーチ窓が2つ並びその上に丸窓を配置した変化ある構成です。
 
崎津天主堂 崎津カトリック教会 崎津天主堂
天草市 河浦町崎津 昭和9年建築 鉄筋コンクリート 三廊式/コウモリ
正面中央の出入口上に尖塔を戴いた教会堂。 正面と前方は粗い仕上げのドイツ壁風、後方は新建材(当初は横羽目板?)で構成され、色ガラスのアーチ窓はシーソー式に開きます。 堂内は撮影禁止ですが、畳敷きにイスが置かれていて、白漆喰で明るい雰囲気です。 【詳細Blog】
熊本県内の洋館
熊本大学構内の洋館はこちら

 
 
福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間