洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
三重県1(県北部)
TOPへ

 
三重県の現在までの公開件数 11件(うち件)

 三重県の華は、やはり旧諸戸清六邸です。 その他は内覧できる建物は少ないようです。
 

平成15年1月、16年5月 見学・撮影

 
諸戸清六邸(三重・桑名市) 六華苑 旧・諸戸清六邸
桑名市 桑名 大正2年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<重要文化財>
J.コンドル設計の円筒塔屋を持つ富豪邸。 木造ながらモルタルを淡い水色に塗ることで、白い窓枠と相まって非常に明るい印象。 普通は壁が弧を描いていても平面ガラスですが、塔屋部はなんと曲面ガラスを使用。 当初設計では塔屋は3階建てでしたが、すぐそばの揖斐川が見えなかったため、4階建てにしたとか。 屋根にガラスを入れ、トイレへの採光としたアイデアはさすが。 【詳細Blog】 HP
 
安濃津監獄正門(三重・津市) 旧・安濃津監獄正門  ―
津市 修成町 大正5年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
焼き過ぎレンガで組み上げられた、重厚な監獄正門。 明治期に建てられた五大監獄(長崎や鹿児島など)の正門と異なり、装飾を抑えた質実剛健な造りです。 五大監獄では鉄柵製であった扉は、分厚い鉄板製と思しき堅牢なものになっています。 現在は塀の外ではありますが、津刑務所の正面に鎮座しており、当時の威容を今に伝えます。
 
三重高等農林学校同窓会館(三重・津市) 三重大学三翠会館 旧・三重高等農林学校同窓会館
津市 上浜町 昭和11年建築 木造/下見板 平屋建て
<登録文化財>
建物に比べて大きな車寄せを持つ、同窓会館。 竪羽目板で張られた腰部の上には、縦方向四筋に伸びた下見板を基本に、1・2階間や軒に見られる木枠と漆喰壁をあわせた装飾など、塗色は淡いながらも表情豊かです。 緑青銅板で装飾された前縁を持つ車寄せは、2本の支柱にも下見板が張られ、安定感のある造りです。
 
片田貯水池管理事務所(三重・津市) 津市水道資料館 旧・片田貯水池管理事務所
津市 片田薬王寺町 大正15年建築 木造/下見板 平屋建て
下見板張りの管理棟。 腰部に竪羽目板を使っている建物はよく見ますが、妻側の凸部も含めた軒に使っているのは珍しいです。 見所となる装飾は特にありませんが、出入口のヒサシにはマンサード屋根のような形状と、段々状の支えがあるものと2通りありました。
 
東洋紡績富田工場原綿倉庫(三重・四日市市) JUSCO四日市北店フードスタジアム 旧・東洋紡績富田工場
四日市市 富州原町 大正6年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
<登録文化財>
三角屋根が5つ連なったレンガ倉庫群。 元は紡績工場の原綿倉庫だったのですが、工場が撤退しスーパーとなった際に、レストラン館として活用されました。 壁面を補強する控え壁が縦に伸びた間には、重厚な扉とその上部には通気口が設けられていました。
 
網勘製網株式会社(三重・四日市市) 網勘製網株式会社  ―
四日市市 富田浜元町 昭和初期建築? 構造不明 2階建て
レンガ塀に囲まれた、タイル貼りの会社事務所。 屋上に上る階段室に開いた窓は角に取り付けられ、しかも2段に分かれた凝った造り。 写真右側の角は、屋上の柵代わりと思しきモルタル壁とともに、丸みを帯びていて、ただの四角四面ではない、柔らかい印象も受けます。 国道1号を西進(南下)していると、関西本線を越える陸橋の付け根付近に建っています。
 
四郷村役場(三重・四日市市) 四郷郷土資料館 旧・四郷村役場
四日市市 西日野町 大正10年建築 木造/漆喰壁 2階建て
街を見下ろす小高い丘の中腹に建てられた、旧役場。 1階は横羽目板、2階と塔屋は漆喰壁という外壁に、上げ下げ窓+上部窓という採光性のいい窓配置の構成。 写真は背面から撮ったもので、階段踊り場と思しきアーチ窓が目を惹きます。 正面側には村落を見下ろす塔屋と、ポーチ付のメイン・エントランスがあります。 毎月第2・4土曜日のみ開館。 HP
 

 
1.
県北部の洋館
2.
県南部の洋館はこちら

 
 
 
静岡県 愛知県 明治村 岐阜県 三重県 富山県 石川県 福井県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間