洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
富山県(沿岸部)
TOPへ

 
富山県の現在までの公開件数 15件(うち件)

 また「ここにもか」と思いながら、見るたび惚れ惚れしてしまう辰野建築が高岡市にもありました。 回廊のある仏壇店など、高岡市は見どころがたくさんです。
 

平成13年5月、15年5月、16年8月 見学・撮影(市町村合併見直し済)

 
高岡共立銀行本店 富山銀行本店 旧・高岡共立銀行本店
高岡市 守山町 大正4年建築 レンガ/レンガ 2階建て
赤レンガと白い石を組合せた銀行は、辰野金吾監修の元で清水組の田辺淳吉が設計。 緑青の吹いた銅板葺きと、左右の塔屋風構造が泣かせます。 元は吹き抜けだった営業室に2階床を増築してありますが、撤去可能な構造のようです。 大正5年建築の北國銀行京都支店は鉄筋タイル貼りになっているので、辰野建築としては最後のレンガ建築かも。 【詳細Blog】
 
井波屋仏壇店 旧・林屋茶舗
高岡市 守山町 明治38年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<登録文化財>
昔ながらの土蔵商店の店先に、不釣合いな店舗部を増築したのかと思いきや、創建当初から2連アーチに列柱があったそうです。 しかしこれだけで驚いてはいけません。 この商店の真骨頂は店内。 奥の2階部分(の手前)は吹き抜けになっていて、凝った手すりの回廊が4辺を囲んでいます。
 
塚本小児科医院 塚本小児科医院  ―
高岡市 守山町 大正4年建築 木造/下見板 2階建て
富山銀行正面の駐車場からチラリと見える洋館病院。 正面は下見板の診療室部分と思われ、右側にタイル貼りのレントゲン室が付いています。 レントゲン室には、「X光線室」と右から書かれています。 また左右の門柱には、アザラシとヘビ(?)の陶器の置物が載っていて、おちゃめ。 建築年はご家族からの情報です。
 
宮崎商店 宮崎商店  ―
高岡市 一番町 昭和10年建築 鉄筋/タイル貼り? 2階建て
富山銀行裏の元店舗(?)。 1階部分はずいぶん改造されていますが、全体的にスクラッチタイルが貼られ、1階軒上や2階窓上半円部など、ところどころにモルタルで装飾が施されています。 細かい模様の軒蛇腹も、いい雰囲気を出しています。
 
旧・伏木銀行(富山・高岡市) 高岡商工会議所伏木支所 旧・伏木銀行
高岡市 伏木湊町 明治43年 木造/タイル貼り 2階建て
<登録文化財>
角に出入口を持つ、スクラッチタイル貼りの旧銀行。 高岡大火後に建てられたというこの建物は、旧中越銀行と同じく元は黒漆喰の土蔵造りで、戦後タイル貼りになったそうです。 元々の回廊付き吹き抜けには床が張られているそうですが、非公開の館内には立派な鏝絵や螺旋階段があるそうです。
 
福岡町役場 高岡市福岡町歴史民俗資料館 旧・福岡町役場
高岡市 福岡町下向田 大正13年建築 鉄筋コンクリート 2階建て
<登録文化財>
建物正面を6本の列柱で飾っているようなデザインで、中央2本を除く4本の柱頭には渦巻きを模したラーメン器のような紋様が刻まれています。 地元の篤志家・壽原英太郎氏により寄贈され、戦後は町議会議場や図書館・公民館として使われた後、昭和63年に福岡公園内に移築されました。 建築時期や雰囲気から木造かと思っていましたが、かなり進んだ鉄筋造でした。 HP
 
富山第一銀行本店 富山第一銀行本店  ―
富山市 総曲輪 昭和26年建築 鉄筋コンクリート 3階建て?
列柱が連なる昭和初期の銀行建築様式ですが、戦後の昭和26年に、第一銀行本店(昭和5年築、現存せず)を模して建てられました。 角地の曲線部分を直線部分より少し引っ込めて、単調さを排しています。
 
旧・南島商工本店 牧田組本社 旧・南島商工本店
射水市 庄西町 大正6年建築 木骨/レンガ 2階建て
<登録文化財>
焼きの濃いレンガに隅石などを白い花崗岩でアクセントを付けたオフィスビル。 レンガ造りではなく、木骨という木の躯体にレンガタイルを貼っています。 左右対称の構造や、レンガや緑色の屋根の配色など、高岡共立銀行の影響を受けたのかも知れません。 HP
 
高橋医院 高橋医院  ―
滑川市 小林 明治41年建築 木造/下見板 2階建て
東京で学んだ医師が帰郷して建てた洋館医院。 細い桟の窓に水色の窓枠は、様式通り1階と2階とで装飾を違えています。 この右側には住宅と思しき和風建築がありますが、左側には入院施設なのか同じピンク色の下見板建築が連なっていて、増築にしてもかなり大きな規模です。

 
1.
富山県沿岸部の洋館
2.
砺波地区の洋館はこちら

 
 
 
静岡県 愛知県 明治村 岐阜県 三重県 富山県 石川県 福井県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間