洋館探訪
(Western Style Old Architectures)
秋田県(Akita Pref.)
TOPへ

 
秋田県の現在までの公開件数 10件

 意外や意外、秋田は力作揃いです。 特に秋田銀行本店は、辰野建築にも通じる優雅な外観と豪華な内部に、思わずひれ伏してしまいました。 最初に康楽館を見に行ったときは移築中だった鉱山事務所も、その規模と螺旋階段に脱帽。
 

平成13年2月、13年5月、22年6月、24年10月 見学・撮影

 
 
秋田銀行本店 赤レンガ郷土館
旧・秋田銀行本店
秋田市 大町 明治45年建築
レンガ/レンガ 2階建て  
<重要文化財>
1階の白磁タイルと2階のレンガのコントラストが映えます。 建物の前の方は吹抜けの営業室になっていて、手の込んだ鏝絵(こてえ)を見上げることが出来ます。 奥の方は総ケヤキの豪華な応接室など、2階建てになっています。 HP
 
北鹿ハリストス正教会 北鹿ハリストス正教会
 ―
大館市 曲田字曲田 明治25年建築
木造/下見板 平屋建て  
<県重要文化財>
小規模な建物ながら八角形のドームを持ち、上から見ると十字形をしたロシア正教会建築。 地元の豪農・畠山氏が、私財で自宅敷地に建てました。 内部は予約制だったので見学できませんでしたが、立派なイコノスタス(聖画を書いた衝立)があるそうです。 HP
 
康楽館 康楽館
 ―
小坂町 小坂鉱山 明治43年建築
木造/下見板 2階建て  
<重要文化財>
鉱山労働者の娯楽施設として作られた、現存する日本最古の芝居小屋。 正面外観は下見板の洋館建築になっていますが、内部は金毘羅座(香川)・内子座(愛媛)などと同じ様式の、奈落を持った純和風の芝居小屋です。 HP
 
小坂鉱山事務所 旧・小坂鉱山事務所
 ―
小坂町 小坂鉱山字古館 明治38年建築
木造/漆喰壁 3階建て  
<重要文化財>
正面は3階建てですが、裏側の1階は石垣部に、2階は中庭を持った口の字構造(3階は正面のみ)になっています。 建物中央を1階から3階まで貫通する螺旋階段と、正面2階のバルコニーが目を惹きます。 平成9年まで小坂鉱山の事務所として使われていたものを、小坂町が譲り受けて、平成13年に康楽館が建つ明治百年通りに移築したものです。 HP
 
聖園マリア園 天使館
旧・聖園マリア園
小坂町 小坂鉱山 昭和6年建築
木造/下見板 平屋建て  
<登録文化財>
鉱山勤務者の子供が通う教育施設として開設された幼稚園。 平成4年に新築移転するまで使われていたようです。 写真中央の玄関部が、その名の通りキリスト教系の幼稚園であることを物語っていました。 HP
 
十和田ホテル 十和田ホテル
 ―
小坂町 十和田湖西湖畔 昭和14年建築
木造/磨丸太張 3階建て  
<登録文化財>
国の外国人観光客誘致方針に則って秋田県がオープンさせたホテルで、北東北3県の宮大工80人を集めて、腕を競わせて建てられました。 館内は秋田杉の銘木がふんだんに使われ、特に本館エントランスの吹き抜け空間は、宮大工の技術の結晶に圧倒されます。吹き抜けに面してある図書室も、クラッシックホテルならではの施設です。 HP
 
阿仁鉱山外国人官舎 阿仁異人館
旧・阿仁鉱山外国人官舎
北秋田市 阿仁銀山字下新町 明治12年建築
レンガ/レンガ 2階建て  
<重要文化財>
江戸時代からの鉱山の採掘増のために招いた、ドイツ人技師のための官舎。 雪深い秋田の山村にありながら、周囲にバルコニーを巡らした高床構造なのは、東南アジアから伝わってきたコロニアル(植民地)様式をまねて建てられたからなのかも知れません。 暖炉を備えた広い食堂など明るく開放的な1階に対して、2階は屋根裏部屋のような雰囲気でした。 HP
 
池田氏庭園洋館 旧・池田氏庭園洋館
 ―
大仙市 高梨字大嶋 大正11年建築
鉄筋/タイル 2階建て  
日本庭園に立つタイル貼りの私設図書館兼迎賓施設。 東北三大地主の一つ池田家の14代当主・文一郎によって建てられた、秋田県内で最初の鉄筋コンクリート建築とのこと。 館内の2部屋の壁は金唐革紙で張られ、迎賓施設らしい豪華な雰囲気です。 【詳細Blog】 HP
 
平源旅館 ゲストハウス平源
旧・平源旅館
横手市 大町 大正15年建築
木造/モルタル 2階建て  
<登録文化財>
モルタル塗で洋風を醸し出す旧日本旅館。 窓周りには装飾が施され、菱形のワンポイントが光るベージュ色と2色のモルタルで、軽快な雰囲気に仕上げています。 外観とはうらはらに、ガラス戸の外から見る限り日本旅館のようでしたが、右側1階の出窓部分だけは洋間のようでした。 現在は結婚式場として転活用されています。 HP
 
旧日新館 個人住宅
旧・日新館
横手市 城南町 昭和初期建築
木造/下見板 2階建て  
<県有形文化財>
下見板張りの個人住宅。 下見板はペンキで塗られておらず一見地味なものの、玄関ポーチに2階バルコニー、上げ下げ窓に玄関のアーチ窓など、基本構成は洋館そのもの。 旧制横手中学校に赴任してきた外国人教師C.チャンプリンの邸宅として建てられ、その後も外国人教師が住んでいました。 現在も個人住宅ですが、日によって内部見学もさせていただけるようです。 HP
 

 
 
 
青森県 秋田県 山形県 岩手県 宮城県 福島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間