洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
福島県1(中通り)
TOPへ

 
福島県の現在までの公開件数 20件(うち10件)

 福島市は城下町ではなかったためか、郡山や白河、会津といった旧城下町などの中規模市にも点在しています。 三島通庸で有名な山形県に隠れて目立ちませんが、山形県の後に福島県令も務めたようで、なかなかいい建物が揃っています。

平成12年10月・13年7月・17年6月 見学・撮影

 
福島尋常中学校(福島・郡山市) 安積歴史博物館 旧・福島尋常中学校
郡山市 開成 明治22年建築 木造/下見板 2階建て
<重要文化財>
現存する洋館学校としては、かなり規模の大きな部類です。 ただし学校という用途から様式が統一されすぎて、大きい割に見所は少なめ。 天井が非常に高く、開放的な雰囲気。 2階左側には大講堂があり、フルートの練習がよく反響していました。 玄関ポーチの柱のうち2本が欠けているのが惜しいです。
 
開成館(福島・郡山市) 開成館 旧・福島県開拓掛事務所
郡山市 開成 明治7年建築 木造/漆喰壁 3階建て
<県重要文化財>
低い天井や柱の立ち方、3階のベランダや直線的な階段などはお城の天守閣を連想させます。 また追い討ちをかけるように、3階中央には明治天皇の行在所が再現されています。 元は安積疎水を使った開拓の事務所。
 
郡山公会堂(福島・郡山市) 郡山公会堂  ―
郡山市 麓山 大正13年建築 鉄筋/タイル貼り 2階建て
<登録文化財>
一見レンガ造りのようにも見えますが、時代を反映した鉄筋構造。 角に建つ階段塔や時計台、3連アーチの入口や屋根窓(換気口)など、外観は押さえるところを押さえていて泣けます。 が中を覗いて見ると、2階に観覧席こそあるものの、学校の体育館風の板張りの空間でした。 そこで中高年の方々のダンス教室をやっていたのが、外観とハマりすぎていました。
 
伊達郡役所(福島・桑折町) 旧・伊達郡役所  ―
桑折町 字陣屋 明治16年建築 木造/下見板 2階建て
<重要文化財>
山形県令から福島県令に転任した三島通庸が手がけた役所。 1・2階中央のポーチの窓、望楼の4面にもステンドグラスがはめ込まれています。 2階は郡会議事堂になっていて、寄木の床が立派です。 望楼は昭和52年に再建されましたが、登れません(涙)。
 
白河ハリストス正教会(福島・白河市) 白河ハリストス正教会  ―
白河市 愛宕町 大正10年建築 木造/下見板 平屋建て
たまねぎ(葱坊主=藤森照信氏談)を戴く屋根を特徴とするロシア正教の教会建築。 設計は函館ハリストス正教会などと同じ河村伊蔵。 聖堂に光を採り入れるためと思われる丸い窓が目を惹きます。 茶色く塗られた凸状の窓のひさしが、白一面の側壁を引き立たせています。
 
旧・西白河郡役所(福島・白河市) 藤田記念博物館・明治記念館 旧・西白河郡役所
白河市 南湖公園内 明治16年建築 木造/下見板 2階建て
ポーチの軒に欄間のように菱格子が張られているのが珍しいです。 少し地味目ながら、時期的には三島通庸の影響を受けていたのかもしれません。 現在は市内南湖公園内に移築されています。 公開日は不明。
 
JR東日本・白河駅(福島・白河市) JR東日本・白河駅  ―
白河市 字郭内 大正10年建築 木造/横羽目板 平屋建て
大きな三画破風に、中央の時計の周りなど控えめな装飾が見られます。 横羽目板といっても、正面は窓など開口部だらけです。 よく見ると香川県の琴平駅に似ています。 長距離客は新幹線の新白河駅に奪われて、現在ではひっそりとした駅になっています。
 
ノートルダム修道院(福島・福島市) 桜の聖母短期大学マルグリット・ブールジョワセンター 旧・ノートルダム修道院
福島市 花園町 昭和10年建築 木造/モルタル 2階建て
平面構成がE字の大きな旧修道院で、建築当初は幼稚園や病院も併設されていました。 禁欲的な修道院らしく、上げ下げ窓が等間隔で並ぶ規則的な配置を基本としていますが、正面の突き出た中央部には付け柱や小さなバルコニー、アーチ窓とその上のメダリオンなどの見所を配しています。 たくさん並んだ屋根窓も、目を惹きます。 J.J.スワガーの設計。
 
福島教会(福島・福島市) 取り壊し 日本基督教団福島教会
福島市 宮下町 明治42年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
<登録文化財>
鐘楼の2階部分がハーフティンバーになっているレンガ造りの教会堂。 鐘楼の鎧戸も含めて、全てアーチ窓で統一されています。 出入口ポーチは、妻がうろこ状に加工されていたり、天井面が格天井になっていたり、特に手が込んでいます。 W.M.ヴォーリズの設計。 平成23年3月の東日本大震災で被災し、残念ながら取り壊されました。
 
亀岡家住宅(福島・伊達市) 旧・亀岡家住宅  ―
伊達市 保原町大泉字宮脇 明治30年頃建築 木造/鉄板葺 2階建て
<県指定文化財>
国会議員も務めた豪農・亀岡正元の住宅を、平成7年に桑折町から移築。 外壁は茶色く塗った鉄板をレンガのように貼り付け、また尖塔や望楼を備えた擬洋風ながら、内部は1室を除いて全て和室で、襖を外すと大広間になるような造りです。 欅や杉の銘木がふんだんに使われ、特に居間の格天井は重厚で圧巻。 付設の平屋土間にある炊事場が、農家の暮らしを表していました。 飯坂の大工・小笠原国太郎が棟梁を務めました。

 
 
1.
中通り地区の洋館
2.
会津地区の洋館はこちら

 
 
青森県 秋田県 山形県 岩手県 宮城県 福島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間