洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
宮城県(Miyagi Pref.)
TOPへ

 
宮城県の現在までの公開件数 10件

 東北の明治村と自称している登米(とよま)町を筆頭に、ところどころに洋館が残っています。 空襲がなかったせいか、仙台よりちょっと離れた町の方が力作揃いです。
 

平成12年10月、13年11月、15年4月、17年12月 見学・撮影

 
東北大学史料館 旧・東北帝国大学付属図書館
仙台市 青葉区片平 大正14年建築 鉄筋コンクリート 2階建て
銅板葺きの尖塔を戴く大学図書館。 1階は重厚なタイル貼り、2階は白く塗られた軽快なモルタル壁で、非常に安定感ある外観です。 縦位置が揃えられた窓は、高い天井の2階閲覧室にはアーチ窓が並び、1階窓上にもアーチ状にタイルが貼られています。
 
旧・東北帝国大学理学部化学教室  ―
仙台市 青葉区片平 昭和10年建築 鉄筋/タイル貼り 3階建て
角部が湾曲した、スクラッチタイル貼りの学校建築。 窓間に控え壁のように立った構造柱により、縦に並んだ縦長の窓を引き立てています。 R部の右側や左奥の白い壁の部分など、増築を重ねていたのかも知れませんが、片平たてもの物語によると、教室機能は他キャンパスに移り、倉庫のように使われているだけとか。
 
東北大学情報通信研究開発センター 旧・仙台高等工業学校建築学科
仙台市 青葉区片平 昭和5年建築 鉄筋/タイル貼り 3階建て
3段平行したアーチ窓の階段室を角部に備えた、比較的薄い建物。 中央部のアーチゲートの要石には、旧制仙台高等工業学校の校舎として建てられことを表わす、SKKの文字が浮かび上がっています。 スクラッチタイル貼りの重厚な全体に比べ、3階だけはガラス窓が連続しており、軽快で近代的な雰囲気です。
 
石巻ハリストス正教会(宮城・石巻市) 旧・石巻ハリストス正教会  ―
石巻市 中瀬 明治13年建築 木造/漆喰壁 2階建て
現存する国内最古のハリストス正教会堂。 2階建ての1階は畳敷きの集会室になっていて、建物奥から昇り、折り返して2階聖所(礼拝堂)に入るため、正面入口の真上(十字窓がある辺り)が至聖所(祭壇)になっているのが珍しいです。 昭和53年に宮城県沖地震の被害を受けましたが、移築復元されました。
 
観慶丸陶器店(宮城・石巻市) 陶芸かんけい丸 旧・観慶丸陶器店
石巻市 中央 昭和5年建築 木造/タイル貼り 3階建て
伊達家御用の回船問屋であった須田家の商店店舗で、当初は陶器のほか文具・玩具・洋品の販売や、北上川を望む食堂もあった、ミニ・デパートでした。 外壁に貼られたタイルは、施主が安く仕入れたものや在庫品のようで、必ずしも統一されていないようです。 角のR部には引き戸に手摺があり、せり出してこそいないものの、バルコニーのような雰囲気です。
七十七銀行石巻支店(宮城・石巻市) 第2SSビル 旧・七十七銀行石巻支店
石巻市 中央 大正末建築 鉄筋コンクリート? 3階建て
奥行きのある細長い銀行建築。 正面の列柱や、3分割のアーチ窓などはあるものの、側部は3連窓が規則的に並ぶシンプルな造り。 正面上部の列柱や軒の部分はレンガやタイルではなく、後から塗られたと思われます。
 
登米尋常高等小学校(宮城・登米町) 登米市教育資料館 旧・登米尋常高等小学校
登米市 登米町寺池桜小路 明治21年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<重要文化財>
コの字型の平面構造を持つ木造校舎で、ベランダ風の外廊下式。 黒い木造の中で白く塗られたポーチは、校長が校舎内を一望するためとか。 明治5年のウィーン万国博に大工として渡欧した山添喜三郎の作。 コの字両端の昇降口(下駄箱室)には洋小屋組が見られ、ただの擬洋風でないことがわかります。
 
登米警察署(宮城・登米町) 登米市警察資料館 旧・登米警察署
登米市 登米町寺池中町 明治22年建築 木造/下見板 2階建て
<県重要文化財>
小学校の翌年建てられた警察署は、全面白ペンキ塗りで、より洋館色が濃くなっています。 こちらのポーチは、近くを流れる北上川の海運を監視する目的もあったようです。 上げ下げ窓は、外には装飾ヒサシが付き、内部の窓枠も凝っています。
 
金成尋常高等小学校(宮城・金成町) 栗原市金成歴史民俗資料館 旧・金成尋常高等小学校
栗原市 金成中町 明治43年建築 木造/下見板 2階建て
<県重要文化財>
明治20年に建てられた擬洋風学校で、明治43年に現在地に移築され、学校として使われていました。 登米の外廊下に対して内廊下ですが、この時期に洋小屋組を一部に使っているので、宮城県の営繕を担当していた山添喜三郎が関与していたかも。
 
金成ハリストス正教会(宮城・金成町) 金成ハリストス正教会  ―
栗原市 金成中町西裏 昭和9年建築 木造/下見板 平屋建て
ベージュの下見板や白い窓枠に、茶色い枠が映える教会堂。 鐘楼こそ2層ですが、函館・豊橋・京都などのハリストス正教会の流れを汲む外観です。 スレート葺きの屋根にも、控えめですがハリストス正教会の特徴であるタマネギが見られます。

 
 
 
青森県 秋田県 山形県 岩手県 宮城県 福島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間