洋館探訪
(Western Style Old Architectures)
青森県2(弘前市)
TOPへ

 
青森県の現在までの公開件数 20件(うち10件)

 弘前市は、東北はもちろん日本の中でも洋館が多く残っている街の一つです。 元津軽藩の城下町(当時の天守も現存)弘前は、青森市に県庁所在地の座を奪われて、その代わりに教育の振興の道を選んだため、学校が多く残っています。 また外国人教師と共にキリスト教が伝わったようで、教会も多いです。  弘前市は洋館を観光地の一つと位置付けているので、駅にある市観光案内所で配布している観光マップに、所在地が全て記載されています。
 

平成7年6月、12年11月、15年4月、25年9月 見学・撮影

 
第八師団長官舎 スターバックスコーヒー弘前公園前店
旧・第八師団長官舎
弘前市 上白銀町 大正6年建築
木造/モルタル 平屋建て  
<登録文化財>
構造材を露出させたハーフティンバーに、粗いモルタル仕上げのドイツ壁になっています。 弘前城跡のお堀に面した市役所前庭に建っており、戦後は市長公舎として使われていたようですが、大規模に改修されて、平成27年からスターバックス・コーヒーの店舗として営業しています。 HP
 
藤田謙一氏別邸 藤田記念庭園洋館
旧・藤田謙一氏別邸
弘前市 上白銀町 大正10年建築
木造/モルタル 2階建て  
<登録文化財>
実業家・藤田謙一氏の地元別邸、後みちのく銀行の所有を経て、平成3年に市が整備して開園されました。 外壁はグレーのドイツ壁で地味目ですが、複雑な屋根構造に搭屋が設けてある、凝った構造です。庭園の鑑賞は有料ですが、洋館の1階だけは無料で公開されています。2階は市が運営する貸し会議室のようで、見学で立ち入ることはできませんが、階段やアーチの空間など非常に魅力的です。この洋館の真骨頂は庭に面したタイル敷きのサンルームで、現在は喫茶室になっています。 HP
 
弘前昇天教会聖堂 弘前昇天教会聖堂
 ―
弘前市 山道町 大正10年建築
レンガ/レンガ 平屋建て  
<県重宝>
段を刻んだ控え壁が目立つレンガの教会で、レンガはイギリス積み。 薔薇窓のある正面中央から少し右側に寄った鐘楼は、奥行きのない簡易な造りです。 来日して立教大学の校長となったJ.M.ガーディナーの設計で、大工・林緑が建てました。
 
弘前カトリック教会会堂 弘前カトリック教会会堂
 ―
弘前市 百石町小路 明治43年建築
木骨/モルタル 平屋建て  
尖塔を戴いたオーソドックスなスタイルの教会堂。 正面の高い天井がそのまま後部まで延び、開放的な単廊式コウモリ天井の教会。 ミサの時間以外は観光客にも公開されており、リブ・ヴォールトといういかにも教会な天井で、両側面にはステンドグラス(昭和50年代のもの)がはめこまれていました。 堀江佐吉の弟・横山常吉の建築。 HP
 
弘前教会礼拝堂 弘前教会礼拝堂
 ―
弘前市 元寺町 明治43年建築
木造/下見板 平屋建て  
<県重宝>
窓という窓に尖頭アーチがついているのが特徴。 収容人数を増やすため、双頭の正面部には畳の部屋が3室あるそうです。 出入り扉が左右2つあるのは、元は男女別々に入るためとか。 桜庭駒五郎が設計、堀江佐吉の子・斉藤伊三郎の建築。 HP
 
弘前偕行社 弘前厚生学院記念館
旧・弘前偕行社
弘前市 御幸町 明治40年建築
木造/漆喰壁 平屋建て  
<重要文化財>
津軽藩主の別邸、のち料亭として使われた名園に建てられた、陸軍将校の懇親施設。 写真からは伺えませんが、幅・奥行ともある大きなホールを持つ建物です。 堀江佐吉が請け負い、長男・彦三郎と六男・金蔵が棟梁を務めて建てました。 現在は弘前厚生学院が所有し、公開に向けた大規模修復工事中。 HP
 
旧制弘前高等学校外国人教師館 弘大カフェ
旧・旧制弘前高等学校外国人教師館
弘前市 大字百石町 明治16年建築
木造/漆喰壁 2階建て  
<登録文化財>
招聘した外国人教師のために建てられた、1階が下見板張り、2階が粗いモルタル仕上げのドイツ壁の住宅。 1・2階にある暖炉の縁飾りで、漆喰に彩色して大理石風に見せていましたが、隣接する平川市にある盛美館でも見られたことから、職人など何か共通するところがあったのかも知れません。 弘前大学構内に移築後は事務所と展示室に使われていましたが、平成28年6月からは弘大カフェとして営業しています。 HP
 
弘前学院外人宣教師館 弘前学院資料館
旧・弘前学院外人宣教師館
弘前市 稔町 明治39年建築
木造/下見板 2階建て  
<重要文化財>
八角形の尖頭が特徴で、窓上部にはアーチの明かり取りも付いています。 ベージュ色の下見板に、茶色の窓枠などが映えます。 一時は学院本部に使われ非公開でしたが、現在は資料館として日曜祝日以外は公開されているようです。 設計・施工は、桜庭駒五郎。 HP
 
青森県尋常中学校本館 青森県立弘前高等学校鏡ヶ丘記念館
旧・青森県尋常中学校本館
弘前市 新寺町 明治27年建築
木造/横羽目板 2階建て  
<県重宝>
東北では珍しい明治期から残る校舎で、昭和33年の建て替えの際に一部が保存されました。 現在残されているのは中央部と左翼部の一部と思われ、創建当初は左右対称だったと思われますが、水色などのペンキ塗りでない横羽目板というのは、文明開化をアピールしたがった明治期には珍しいです。
 
茂森会館 茂森会館
 ―
弘前市 西茂森 昭和11年建築
木造/モルタル 2階建て  
消防団の詰所で、腰折れ屋根の屋根窓に加えて、屋根上に突き出した望楼を備えた建物で、いかにも消防施設らしいです。「火の用心」と大書きされた倉庫のシャッターは何ともですが、小型消防車などの大きな消防用具を収める部分がないところを見ると、集会所としての位置づけも重要なのではないかと思われます。
 

 
 
1.
青森市・弘前市等の洋館はこちら
2.
弘前市の洋館
3.
南部地方の洋館は準備中

 
 
青森県 秋田県 山形県 岩手県 宮城県 福島県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間