洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
島根県(Shimane Pref.)
TOPへ

 
島根県の現在までの公開件数 10件

 山陰には大きな産業が進出してこなかったからか、大規模な洋館はありませんが、鳥取とともに皇族行啓のために建てられた建物が、飛び抜けた存在を感じさせます。 

平成14年5月、23年5月 見学・撮影

 
興雲閣 松江郷土館
興雲閣
松江市 殿町 明治36年建築
木造/横羽目板 2階建て  
<県有形文化財>
大きな車寄せの2階は部屋もせり出していて、車寄せ内部にその部屋を支える柱が2本あります。 背面階段部は途切れていますが、建物を一周するようにベランダデッキが配され、それを支える細い柱が伸びています。 ベランダや車寄せの天井部は凝った木組で構成されています。 HP
 
日本銀行松江支店 カラコロ工房
旧・日本銀行松江支店
松江市 殿町 昭和13年建築
鉄筋コンクリート 3階建て  
外観は石造り風で4本の列柱を備え、内部は吹き抜けで2階部の回廊を持った、典型的な銀行建築。 大理石に質のいい木材で作られたカウンターが、雰囲気を出しています。 地下金庫の扉は圧巻です。 HP
 
山陰合同銀行北支店 山陰合同銀行北支店
 ―
松江市 殿町 大正15年建築
鉄筋/コンクリート 2階建て  
すぐそばに建つ四角四面の日銀とは違って、角にアールをつけて、6本の列柱を持つなど装飾も多めです。 休日だったので中は見られませんでしたが、日銀同様に回廊付の吹き抜けなのでしょう。
 
浅野小児科 浅野小児科
 ―
松江市 末次町 大正元年建築
木造/横羽目板 2階建て  
石の基部を持った2組4本の列柱で、玄関ポーチを支えている病院と。 右側と中央の窓は上げ下げ窓ですが、窓枠の内側にも木枠があり、繊細な印象を受けます。 写真には写っていませんが、ウロコ状に装飾された、隣家との仕切りが特徴的。
 
国鉄大社駅 旧・国鉄大社駅
 ―
出雲市 大社町北荒木 大正13年建築
木造/漆喰壁 平屋建て  
<重要文化財>
出雲大社の門前に立つ、近代和風建築の駅舎。 左右対称の構造は、明治期の役所建築のようにも見えます。 中央の旧一等待合室は、折り上げ格天井の吹き抜け大空間を備えており、中に設けられた切符売り場も凝っています。 大社線は国鉄民営化後の平成2年に廃止されましたが、その後も大切に保存され、日中は見学や休憩に開放されています。 HP
 
出雲大社前駅 出雲大社前駅
 ―
出雲市 大社町杵築南 昭和5年建築
鉄筋コンクリート 平屋建て  
<登録文化財>
アーチ屋根に緑色の釉薬瓦を載せて、当時としてはモダンな、今となってはレトロな駅舎。 駅舎の中も、屋根の形状に合わせたドーム天井で広々しており、ところどころに色ガラスが嵌め込まれていて華やかな印象です。 また、デザインされた元の切符売り場もモダンです。
 
大森区裁判所 大田市町並み交流センター
旧・大森区裁判所
大田市 大森町 明治23年建築
木造/漆喰壁 平屋建て  
大森は奉行所や商人街がある、石見銀山の行政・商業の街でした。 漆喰壁平屋で寺社風の裁判所ですが、お白洲ではなく、狭いながらも板張りの近代的な法廷があります。
 
震湯 震湯カフェ内蔵丞
旧・震湯
大田市 温泉津町温泉津 大正初期建築
木造/下見板 2階建て  
温泉津温泉の公衆温泉の一つ、薬師湯の隣に立つ旧館。 2階には4連アーチの窓が連なり、屋根上には換気口が載っています。 正面中ほどが元の入口のようで、上部にはそれぞれ男湯・女湯と記されたアーチ状のステンドグラスがはめ込まれています。 現在は、震湯カフェとして利用されています。 HP
 
都野津町役場 都野津会館
旧・都野津町役場
江津市 都野津町 昭和12年建築
鉄筋/タイル 2階建て  
間口よりも奥行きがある、タイル貼りの役所建築。 左右対称で、縦のラインを生かした窓の構成になっています。 地元出身の実業家の寄付により建てられ、江津市と合併後は都野津公民館として使われました。 現在は都野津会館というようですが、ガラス越しに覗くと館内はガランとしており、利用があるときだけ開けるような雰囲気でした。
 
江津郵便局 旧・江津郵便局
 ―
江津市 江津町 明治23年建築
木造/漆喰壁 2階建て  
<登録文化財>
甍街道沿いの江津本町に残る、明治期の郵便局。 隅石の細工が施された漆喰壁の建物に、窓枠や2階バルコニーの支柱を水色に塗ったハイカラな作り。 一時は荒廃していたようですが、かなりきれいに修復されました。
 
岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間