洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
香川県(Kagawa Pref.)
TOPへ

 
香川県の現在までの公開件数 9件

 高松市水道資料館の展示は、お役所の資料館なのでイマイチですが、建物自体はすばらしかったです。 また善通寺市には偕行社の建物があるので行ってみたのですが、こんなに旧陸軍(自衛隊)関係の洋館が残っているとは思いませんでした。
 丸亀高校記念館の旧称(香川県尋常中学校丸亀分校本館)は、卒業生の方からのコメントにより、期間の長かった県立丸亀中学校本館に書き換えました。

平成13年5月 見学・撮影

 
高松市御殿浄水場事務室 高松市水道資料館 旧・御殿浄水場事務室
高松市 鶴市町 大正6年建築 木造/横羽目板 平屋建て
<登録文化財>
サンルームを思わせる、ガラス面積の多い外観のL字形の建物で、角にアーチ状の軒を持った玄関があります。 外壁の横板が重なっていないので、下見板とはいわず横羽目板というようです。 【詳細Blog】 HP
 
高松市御殿浄水場ポンプ室 高松市水道資料館 旧・御殿浄水場ポンプ室
高松市 鶴市町 大正7年建築 木造/横羽目板 平屋建て
<登録文化財>
鮮やかな塗り分けや半円形の窓など、ポンプ室とは思えない外観の建物です。 一方で梁剥き出しの高い天井や、ポンプを設置したレンガ積みの地下室など、内部は非常に機能的な構成になっています。 HP
 
ワサ・ダウン邸 四国村異人館 旧・ワサ ダウン邸
高松市 屋島中町 明治38年建築 木造/下見板 2階建て
<登録文化財>
元は神戸の生野区北野にあった邸宅で、日本郵船の船員寮を経て、高松に移築された建物。 2階のサンルーム が神戸の洋館らしい構造。 1階ベランダの軒の飾りガラスが珍しいです。 最近紫色に塗り替えられたようです。 HP
 
丸亀高校 丸亀高校記念館 旧・香川県立丸亀中学校本館
丸亀市 六番丁 明治26年建築 木造/下見板 2階建て
<登録文化財>
太い一本柱ではなく、細い2本組みの柱で支えられたバルコニーを持つ正面。 用途に応じてか、側面の窓割が1階と2階でズレていました。 現在も学校施設内にあるため、一般の見学は出来ないようです。
 
JR琴平駅 JR四国琴平駅 同左
琴平町 榎井 大正11年建築 木造/漆喰壁 平屋建て
広くて天井の高い待合室がある中央部、左奥の駅事務室部、右手前(写真に写っていない)の飲食店・資料館部、 と幅の広い建物です。 所々に金毘羅様・金刀比羅宮の「金」の文字があしらわれています。正面は漆喰かモルタル仕上げなのに、側面は下見板でした。
 
旧陸軍第11師団偕行社 善通寺市郷土博物館 旧・陸軍第11師団偕行社
善通寺市 文京町 明治36年建築 木造/漆喰壁 平屋建て
<重要文化財>
太い角柱のポーチを持つ玄関や、奥行きのある平面配置は、青森県弘前市の偕行社も似ています。 中には入っていないのですが、南側にはバルコニーが続いているそうです。 旭川偕行社に次いで重要文化財の指定を受けました。 HP
 
旧陸軍第11師団指令部 陸上自衛隊第二混成団本部 旧・陸軍第11師団指令部
善通寺市 生野町 明治31年建築 木造/漆喰壁 2階建て
乃木将軍が初代師団長を務めた陸軍第11師団の庁舎。 玄関を入った階段ホールは、鮮やかな外観とは対照的に重厚な構え。 現在でも自衛隊の第二混成団本部として使われていますが、内部の乃木記念室を見学できます。 HP
 
乃木講堂 陸上自衛隊乃木講堂 旧・陸軍第11師団乃木講堂
善通寺市 生野町 昭和初期建築 木造/下見板 平屋建て
乃木講堂と名前が付いていますが、建築は在任中の明治30年代ではなく、昭和初期とのこと。 明治築の漆喰壁やレンガ建築が並ぶ中では、控えめな存在。
 
兵器倉庫? 陸上自衛隊第二混成団宿舎 旧・陸軍第11師団兵器庫
善通寺市 南町 明治38年建築 レンガ/レンガ 2階建て
金沢の旧・陸軍第9師団兵器庫と似た様式のレンガ造りの兵器庫。 建物の角に斜めに突出した外壁補強部(控え壁)が特徴的。 金沢の兵器庫3棟は重要文化財に指定されているので、こちらも重文級?

 
岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間