洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
茨城県(Ibaraki Pref.)
TOPへ

 
茨城県の現在までの公開件数 10件

  大工棟梁が建てた擬洋館をはじめ、存在感では県内随一の牛久シャトーや、県の技師が設計した学校建築シリーズがあったりと、バリエーション豊かです。 水運で栄えた水海道も力作揃いでした。
 

平成17年6月、18年3月、23年2月 見学・撮影

 
水海道小学校(茨城・水戸市) 茨城県立歴史館 旧・水海道小学校本館
水戸市 緑町 明治14年建築 木造/下見板 2階建て
県内水海道村(現在の常総市)に小学校として建てられた擬洋風の建物で、幾たびかの移築や改造の後、昭和49年の県立歴史館開館に合わせて現在地に移築復元されました。 中央正面にベランダがあって、塔屋が載っているという、明治初めの洋館学校の典型です。 羽田甚蔵という水海道の宮大工棟梁が、横浜に見学に行って建てたそうです。 HP
 
茨城県立商業学校本館 水戸商業高校旧本館 旧・茨城県立商業学校本館
水戸市 新庄 明治37年建築 木造/石貼り? 平屋建て
<登録文化財>
県の技師・駒杵勤治による学校建築の一つで、現在はその玄関部分が残っています。 出入口のアーチ部を中心に、銅板葺きのドーム屋根やアーチ窓が左右対称には位置され、石貼りという4本の縦柱と相まって、かっちりした構成です。 ドーム屋根や、中央屋根部や軒に装飾をあしらったことからか、ベルサイユ宮殿を模したと言われているそうです。
 
牛久シャトー シャトーカミヤ本館 シャトーカミヤ旧事務室
牛久市 中央 明治36年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
ワイン醸造場(シャトー)の本館として建てられた建物で、事務所兼迎賓館として使われていました。 中央から若干偏った時計塔に、CHATEAU.D.KAMIYA(神谷伝兵衛の醸造所)と刻まれたアーチ、ブドウや蜂をあしらった鏝絵など、随所に見所が散りばめられています。 本館1階は喫茶店として営業していましたが、現在は休館中。 軽井沢の旧三笠ホテルを設計した岡田時太郎の設計。 【詳細Blog】 HP
 
牛久シャトー シャトーカミヤ神谷傳兵衛記念館 シャトーカミヤ旧醗酵室
牛久市 中央 明治36年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
ワイン醸造場(シャトー)の醗酵室として建てられた、地上2階・地下1階の建物。 鉄板葺きの屋根には通気口と思われる屋根窓が並び機能的な造りながら、1・2階間には丸窓が並び、本館通路から一直線上にある搬出口はアーチ扉になっているなど、見栄えも意識しています。 1階は発酵用の大樽が並べられ、2階が資料館になっています。 アーチ天井の地下は夏場でも天然冷蔵庫よろしく、ひんやりしていました。 HP
 
牛久シャトー シャトーカミヤ・レストランCANON シャトーカミヤ旧貯蔵庫
牛久市 中央 明治36年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
<重要文化財>
ワイン醸造場(シャトー)の貯蔵庫として建てられた、平屋のレンガ倉庫。 レストランとして使うため窓はアーチ状や円形に改装されていますが、屋根構造材むき出しの板張り天井は貯蔵庫当時の雰囲気を今に伝えています。 HP
 
二水会館 二水会館 旧水海道町役場
常総市 水海道天満町 大正2年建築 木造/下見板 平屋建て
<登録文化財>
水海道町役場(後の水海道市役所)として建てられた役所建築。 バルコニーのある車寄せを備え、一見するとちょっとバランスが悪い2階建てに見えますが、実は天井の高い平屋建て。 現在は常総市立図書館の一角に移築されています。
 
報徳銀行水海道支店 旧報徳銀行水海道支店  −
常総市 水海道宝町 大正12年建築 レンガ/レンガ 平屋建て
吹き抜けのレンガ造り銀行店舗。 建てられてから幾度も所有が変わりながら、平成16年まで一貫して銀行として営業していたそうで、館内奥の壁面には大きな金庫が埋め込まれていました。 当初はパラペットを戴いていたようですが、昭和58年に火災に遭い、平屋根に改装されたようです。
 
五木宗レンガ蔵 五木宗レンガ蔵 旧五木田宗右衛門家蔵
常総市 水海道元町 明治中期建築 レンガ/レンガ 3階建て
<登録文化財>
河岸問屋(水運業)を営んでいた五木田宗右衛門家のレンガ蔵。 レンガの積み方で作り出した軒蛇腹や胴蛇腹、焼き過ぎレンガで外観に変化を持たせています。 後に補強工事が行われて、ときおりギャラリーとして公開されるようですが、3階からは今でも鬼怒川を眺めることができるようです。
 
武道館 武道館 旧水海道小学校雨天体操場兼講堂
常総市 水海道栄町 昭和7年建築 木造/下見板 平屋建て
<登録文化財>
水戸市に移築された水海道小学校に併設されていた講堂。 側面胴部は下見板張りながら、切妻上部の漆喰壁と同じくハーフティンバーのように構造材を露出させた構造。 窓はアルミサッシに替えられていますが、今も大事に使われています。
 
石見石版印刷所 石見印刷 宝町営業所 旧・石見石版印刷所
常総市 水海道宝町 昭和5年建築 木造/モルタル? 2階建て
中央部が三角状に飛び出た看板建築の商店。 装飾は少ないながら、窓のヒサシは窓上から逆Rになっているなど、機能美を感じます。 黒く塗られたドイツ壁の上部には、社名がレトロな字体で左から綴られています。

 
 
 
 
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 山梨県 長野県 新潟県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間