洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
群馬県(Gunma Pref.)
TOPへ

 
群馬県の現在までの公開件数 10件

  東京に近いこともあって、古くから建築様式が広まってきていましたが、空襲のためか県庁所在地前橋よりも、周縁部の方が古い建築が残っているようです。
 

平成13年1月、15年8月、16年9月、17年4月 見学・撮影

 
群馬会館(群馬・前橋市) 群馬会館  −
前橋市 大手町 昭和5年建築 木造/漆喰壁 2階建て
<登録文化財>
目の前に建つ群馬県庁舎(現・昭和庁舎)と合わせて、1階は石造り風、2・3階はレンガタイル貼りとした公会堂建築。 石造り風の1階には、尖塔アーチを描いた窓が並んでいます。 窓のところどころにステンドグラスがはめ込まれていたり、中央上部の時計回りなどに装飾が見られます。 HP
 
前橋カトリック教会(群馬・前橋市) 前橋カトリック教会  −
前橋市 大手町 昭和7年建築 鉄筋コンクリート 3階建て
双塔の三角屋根をいただく教会堂。 塔屋の、基礎から立ち上がる四角形の石造り風部分に、八角形の頂部が載っています。 窓や扉は尖塔アーチを描いていますが、側窓は植え込みに隠れ、ステンドグラスなのかわかりませんでした。
 
黒羽根内科医院(群馬・伊勢崎市) いせさき明治館 旧・黒羽根内科医院
伊勢崎市 曲輪町 明治45年建築 木造/横羽目板 2階建て
<県文化財>
曳き家で移築された病院建築。 阿部石松の設計で、当初は今村医院として建てられました。 玄関ポーチや1・2階で違えた窓枠、2階中央部の装飾等々、洋館らしい外観です。 一方、内部は待合室(玄関)をはじめとして畳張り中心の和風ですが、診察室の板張り床や天井蛇腹、照明吊りなどに洋館らしさが見られます。 土日を中心に公開したいとのことでした。 【詳細Blog】 HP
 
時報鐘楼(群馬・伊勢崎市) 旧・時報鐘楼  −
伊勢崎市 曲輪町 大正4年建築 鉄筋/レンガ ?階建て
貿易で財を成した小林桂助が、大正天皇即位を記念して出身地伊勢崎に建てた鐘楼。 時期的にレンガ造りと思いきや、鉄筋にレンガタイル貼りとのことで、かなり進んだ構造だったようです。 塔頂部へは階段ではなくて、ハシゴで登るそうです。 空襲を受けて仮復旧されていましたが、1990年に元の姿に復元されました。
 
日本基督教団伊勢崎教会(群馬・伊勢崎市) 日本基督教団伊勢崎教会  −
伊勢崎市 中央町 昭和13年建築 木造/モルタル? 平屋建て
東武線新伊勢崎駅前に建つ教会。 左右対称ではなく、入口すぐに鐘楼への階段があり、南を向いた縦長の大きな窓から明かりを採り入れている聖堂はその左側にありそうです。 出入口となる五角形の扉は、細い桟で仕切られた枠にガラスがはめ込まれています。
 
村越美容院(群馬・伊勢崎市) 旧・村越美容院  −
伊勢崎市 本町 昭和2年建築 木造/モルタル? 2階建て
旧商店街らしき通りに建つ旧店舗。 1階中央部のアーチ窓部は、元々窓だったのか、元は出入口があったようにも見えます。 ピンク色というか薄い小豆色に塗られた外壁は、モダンな雰囲気を伝えます。 2階窓にはアーチ状の装飾があり、その上の丸い花紋様や軒蛇腹と共に、白く浮き立たせています。
 
上毛モスリン事務所(群馬・館林市) 館林市第二資料館 旧・上毛モスリン事務所
館林市 城町 明治43年建築 木造/下見板 2階建て
<県重要文化財>
木造2階建ての紡績工場の旧事務所。 肌色の濃淡とコントラストは弱いながら下見板の外壁と窓枠を塗り分けています。 細い桟の入った上げ下げ窓は、1・2階で窓の並びを合わせています。 1階はいかにも事務所然としていますが、2階は大会議室だったのか豪華な大広間となっています。
 
富岡製糸場検査人館(群馬・富岡市) 旧・富岡製糸場検査人館  ―
富岡市 富岡 明治6年建築 木骨/レンガ 2階建て
<重要文化財>
木骨レンガ造り2階建ての旧事務所。 当初はフランスから呼び寄せた検査技師の住居として建てられたようですが、後に事務所(三号館)として使われていたようです。 フランスから招聘された紡績技師のブリューナの構想の下、同じくフランス人技師バスチャンの設計により建てられました。
 
富岡製糸場東置繭所(群馬・富岡市) 旧・富岡製糸場東繭倉庫  ―
富岡市 富岡 明治5年建築 木骨/レンガ 3階建て
<重要文化財>
繭を収めておく3階建て倉庫。 木造建築のように材木で組んだ骨組みに、漆喰壁の代わりにレンガを嵌め込んで作った木骨レンガ造り。 1階中央部のアーチ通路の要石には「明治5年」の刻印が見て取れます。。
 
(群馬・富岡市) 旧・富岡製糸場繰糸所  ―
富岡市 富岡 明治5年建築 木骨/レンガ 平屋建て
<重要文化財>
繭から糸を繰り出していた作業棟。 繭倉庫と同じ木骨レンガ造りですが、館内で女工が作業することを十分考慮して、採光を良くするためにアーチ状のガラス窓を多く設けています。 140mもの長い建物はトラス構造の天井で柱が無く、300台の繰糸機が設置されて、500人以上の女工が作業に携わっていたそうです。

 
 
 
 
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 山梨県 長野県 新潟県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間