洋館探訪
(Old Western Style Architectures)
兵庫県1(神戸市)
TOPへ

 
兵庫県の現在までの公開件数 11 件(うち8件

 神戸市には多くの洋館が残っているの は有名ですが、三ノ宮駅北部というか新幹線新神戸駅付近の北野(山の手)地区に、異人館が多く立ち並んでいて、内部の調度を見せる観光用に公開されていま す。 
 また下の4件は、北野や旧居留地からも離れていますが、力作揃いなのに比較的すいていてお勧めです。

平成12年11月  見学・撮影

 
トーマス邸 風見鶏の館 旧・トーマス邸
神戸市 中央区北野町 明治42年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
北野地区の多くの洋館の中で唯一のレンガ建築で、尖塔には風見鶏が載っています。 写真左側のガラス張りの部屋は光溢れるサンルームで、この部分はレンガ造りではなく木造です。 室内の壁紙とカーテンが同じ柄なのに感心しました。
 
シャープ邸 萌黄の館 旧・シャープ邸
神戸市 中央区北野町 明治36年建築 木造/下見板 2階建て
<重要文化財>
アメリカ総領事のシャープ氏の私邸として建てられました。 2階へ昇る階段が途中で2つに分かれ、片方は寝室・子供部屋へ、もう片方はバスルームと使用人の部屋へ続くのが珍しいです。 後から増築したのか、使用人部屋への階段は、洋館では珍しい外階段。 風見鶏の館と同様、海を見下ろすサンルームがすばらしいです。 阪神大震災で折れて落ちた煙突が跡が生々しく残っています。
 
ハンセル邸 シュエケ邸 旧・ハンセル邸
神戸市 中央区山本通 明治29年建築 木造/下見板 2階建て
建築家ハンセル氏の旧自邸。 北側の道路からよりも、南側の庭から見上げるために建てられているようなデザイン。 出窓にクッションが置かれ、座れるようになっているのが特徴的。 2階と別棟は現在も邸宅に使われています。
 
ドレウェル邸 ラインの館 旧・ドレウェル邸
神戸市 中央区北野町 大正4年建築 木造/下見板 2階建て
前庭を囲むようにL字型に建っています。 南側は萌黄の館と同じく、1階は列柱の並ぶオープンデッキ、2階はサンルームという構成。 市が管理していて無料公開され、1階の元食堂は喫茶室として営業しています。
 
小寺家厩舎 旧・小寺家厩舎  ―
神戸市 中央区中山手通 明治40年建築 レンガ/レンガ 2階建て
<重要文化財>
明治の神戸市長・小寺氏の邸宅跡・相楽園に残っている厩舎。 実際には馬車や自動車も収められていたようですが、日本中でもこれだけ立派な厩舎はないでしょう。 2階は厩務員の部屋になっていて、左の階段塔で昇るようになっています(内部非公開)。 【詳細Blog】
 
ハッサム邸 旧・ハッサム邸  ―
神戸市 中央区中山手通 明治35年建築 木造/下見板 2階建て
<重要文化財>
小寺家厩舎と同じ相楽園内に移築された洋館。 ガラスで閉ざされたサンルーム形が多い神戸の洋館の中では珍しいオープン・バルコニー。 列柱頭頂の装飾や 寄木の床など各部にも凝っています。 大広間を作るために、洋館では珍しい引き戸もあります。
 
ビショップ邸 東天閣 旧・ビショップ邸
神戸市 中央区山本通 明治27年建築 木造/下見板 2階建て
外見は明るい色調ながら、洋館独特の雰囲気で、えもいわれぬ高級感を 醸し出している中華料理店。 窓枠の柱に細いものを2本組に使って(しかもその間にもガラスがはめ込まれている)、窓下の装飾とあいまって、線の細い印象 を受けます。
 
兵庫県庁舎 兵庫県公館 旧・兵庫県庁舎
神戸市 中央区下山手通 明治35年建築 レンガ/モルタル 2階建て
平面構造は県庁建築に多い口の字型。 スレート葺きに屋根窓、外壁にも装飾は多め。 道路に面した喧騒の北 側と、ひっそりした南側(写真)で別の表情が見られます。 現在は県の迎賓館と県政資料館して使われています。

 
 
1.
神戸市 内の洋館
2. 淡路島の洋館はこちら
3. 但馬地方の洋館はこちら

 
 
滋賀県 京都市 京都府
(準備中)
大阪府 神戸市 兵庫県 奈良県 和歌山県
地方別 北海道 東北 関東甲信越 東京横浜 東海北陸 関西 中国四国 九州

 
MENU 更新履歴 参考文献 リンク集 洋館書店 ブログ おクルマの間